Call us today on 03-5487-0555

​NGO/ゼロ磁場音響免疫療法学会

© 2017 by No-Kouganzai.com

Please reload

最新記事

赤ちゃんの38℃にガンはない

July 20, 2017

がん患者2015年101万人が発症

「胎児を38℃に温める量子力学」「水の波紋の響き」は「尿で汚れた羊水を浄化」

「水分80%の細胞」を育てます 細胞は毎日生まれ変わります  

38℃に温める羊水の響きは 自己免疫力でがんに勝つ自己免疫療法 赤ちゃんにがんはない

 

60 兆個の体内細胞は毎日少しづつ新しい細胞に生まれ変わります。体温38℃、水分80%の60 兆個の赤ちゃん細胞に甦らせることが、がんに勝ちます。「マラリアに感染すると高熱でがん細胞が消える」医学では有名な話です。羊水の響きは、体温を38℃(直腸温39℃)に温め、自己免疫力を高めています。熱に弱いがん細胞と戦います。「がん細胞」も「普通の細胞」も一緒に温めがんに勝ちます。

がん細胞は、がん臭を出します。人は歳を重ね、50 歳の細胞の水分は50%と少なくなり、低体温で、しみ・たるみ・しわの老化した肌になり、がん患者が多くなります。胎児のように体温38℃、水分80%の細胞に甦らせることが、がんを防ぎます。

がん細胞は強い磁力を持つ鉄イオンを取り込んでいます。がん患者は貧血になります。ホットカイロは鉄を酸化発熱させます。鉄イオンを持つがん細胞も発熱します。38℃の体温に解熱剤を使う西洋医学は間違っています。抗がん剤投与は正常な細胞とがん細胞を「一緒に殺し」、免疫力を低下させ生命力を奪ってしまいます。毎日ご自宅で聴き続け、胎児のように体温を38℃に高め、水分80%の新しい細胞に甦らせることが、がんに勝つのです。抗癌剤で改善とか、治療をするという西洋医学の表現はおかしい。

母親が胎児を38℃に温める羊水の響きに学んだ音響免疫療法を、中国政府衛生部・解放軍総合医院301・北京大学は、最先端の中華医学として共同で行っています。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square