Call us today on 03-5487-0555

​NGO/ゼロ磁場音響免疫療法学会

© 2017 by No-Kouganzai.com

Please reload

最新記事

がん専門医の多くは家族や自分に抗がん剤を投与しない

July 20, 2017

がん専門医は自分や家族に抗がん剤を投与しないという話は有名です。がん治療に抗がん剤の投与はがん克服に役立たない事が明らかになってきました。患者の生命を弱め、寿命を短くしてしまいます。この危険な事実をがん専門医は見ているからです。病院は利益の為、がん患者の死を早めても抗がん剤を投与します。今までがんに勝つ自然療法は無かった。世界で初めて開発された、羊水の響きに学んだ音響免疫療法は、胎児の様に血液、細胞、リンパ球を38℃に温めます。羊水の響きの科学は、熱に弱いがん細胞を自己免疫力で勝つ、身体に害の無い自然療法です。この音響免疫療法が開発された現在、自己免疫力を奪う抗がん剤投与は殺人です。がん細胞を37.5℃から39℃に温める羊水の響きを、ぜひ癌患者の皆様に体験して頂きたいと願っています。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square