Call us today on 03-5487-0555

​NGO/ゼロ磁場音響免疫療法学会

© 2017 by No-Kouganzai.com

Please reload

最新記事

がんと闘う大切なリンパ節を切除する がん治療は間違っている

July 20, 2017

現在のがん治療は検査、検査・・・。がんを発見したら「がんだ、がんだと大騒ぎ」、心の不安とストレスで病状を悪化させます。「マラリアにかかると高熱でがん細胞は消える」を応用、自分で身体を温め自己治癒力を高めます。がん細胞と血液を胎児のように温め、自己免疫力を高め、がんに勝つことが可能な時代になりました。がん患者は、医者の勧めるお金儲けの抗がん剤、手術、放射線の治療でさんざんいじくられ、免疫力と体温が低下し、苦しい思いをし、気力を失くし死期を早めます。西洋医学は乳がんの治療として、リンパ節を手術で取り除きます。リンパ節を取り除くと、免疫力が低下し、がんは増殖します。脊髄の血液、リンパ球を38℃に温める羊水の響きは血液、リンパ球が発熱、熱と免疫力でがん細胞と戦います。がん細胞は発熱させると、好転反応で腫れ、腫瘍マーカーの数値が上がることがあります。変化が起き改善の過程です。医師の判断は間違っています。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square