Call us today on 03-5487-0555

​NGO/ゼロ磁場音響免疫療法学会

© 2017 by No-Kouganzai.com

ソーシャルメディア

August 28, 2017

「No!抗がん剤 ゼロ磁場でガンに勝つ」ついに不老長寿の道を歩み始めた!凄すぎる治癒の響き《ゼロ磁場音響免疫療法》のすべてヒカルランド9月発売予定 ¥1960(税別)

July 25, 2017

N極とS極の磁気が押し合って「ゼロ」になる場所。

「量子力学」の響きで体温が上昇し、免疫力アップの

効果が期待できる。

幻冬舎 「ゼロ磁場の奇跡」 絶賛発売中

¥1500(税別)

July 20, 2017

病院で抗がん剤、 手術、放射線と、 さんざん治療でいじられ、 末期がんとなり、見放され、解放され、自宅へ帰されたがん患者の皆さまから、患者の会は多くを学びました。 がんは細胞の病気です。がん細胞もあなたの細胞の一部です。 がんと闘うのではなく、がん細胞をいじめないで、優しく一緒に温め、幸せにする事が大切です。 

病院で見放され打つ手がないかのように思っていたがん患者の方が、 がん細胞を温める音響免疫療法を聴きます。初めは好転反応でがん細胞も腫れますが、自己治癒力を高めながら3時間聴いていくうちに、がん細胞が変化し始め縮小していきます。...

July 20, 2017

がん専門医は自分や家族に抗がん剤を投与しないという話は有名です。がん治療に抗がん剤の投与はがん克服に役立たない事が明らかになってきました。患者の生命を弱め、寿命を短くしてしまいます。この危険な事実をがん専門医は見ているからです。病院は利益の為、がん患者の死を早めても抗がん剤を投与します。今までがんに勝つ自然療法は無かった。世界で初めて開発された、羊水の響きに学んだ音響免疫療法は、胎児の様に血液、細胞、リンパ球を38℃に温めます。羊水の響きの科学は、熱に弱いがん細胞を自己免疫力で勝つ、身体に害の無い自然療法です。この音響免疫療法が開発...

July 20, 2017

がん患者2015年101万人が発症

「胎児を38℃に温める量子力学」「水の波紋の響き」は「尿で汚れた羊水を浄化」

「水分80%の細胞」を育てます 細胞は毎日生まれ変わります  

38℃に温める羊水の響きは 自己免疫力でがんに勝つ自己免疫療法 赤ちゃんにがんはない

60 兆個の体内細胞は毎日少しづつ新しい細胞に生まれ変わります。体温38℃、水分80%の60 兆個の赤ちゃん細胞に甦らせることが、がんに勝ちます。「マラリアに感染すると高熱でがん細胞が消える」医学では有名な話です。羊水の響きは、体温を38℃(直腸温39℃)に温め、自己免疫力を高めて...

July 20, 2017

奇跡を起こすゼロ磁場音響免疫療法は、糖尿病・高血圧のドロドロの血液を即効的にサラサラにします。「胎児の尿と体液で汚れた羊水をきれいにする」羊水の響きを応用しました。飲料水に羊水の響きを聴かせると、味が変わります。水の分子を変えます。羊水の生きた響きは2〜15万Hz。空気で伝えるスピーカーの人工音は20〜2万Hz。スピーカーの伝える人工音が、水の分子を変えることは出来ません。中国政府の中華医学は糖尿病、高血圧の病に薬を投与しません。血液が汚れるからです。血液の汚れは腎臓、肝臓などの臓器の機能を弱めるからです。

●脊髄の中の血液を温めると...

July 20, 2017

がんに負けないためには体質を変え体力をつけて太る事が大切です。ネコ・クジラの響きを聞き、 がん患者の皆様から、 幸せな気持ちになったと感謝の言葉を頂きます。「お腹がすくようになった」「手足が温まり痒くなってきた」「表情が良くなった」「食欲が増した」「食事がおいしい」「よく眠れるようになった」「がんを忘れることができた」「痛みがなくなった」「体温が高くなった」「生きる気力が湧いてきた」「肌がしっとりとしてきた」などの体験談を熱心に語っていただきます。がん治療には体力をつけて太ることが大切です。音響免疫療法患者の会には多くのがん患者がお...

July 20, 2017

白血病は血液の白血球ががん化し、白血病となります。白血球は90日間で新しい白血球に再生し、新しく生まれ変わります。胎児を38℃に温める羊水の響きは、血液のリンパ球を胎児のように38℃に温め、自己免疫力を高めます。毎日聴き続けることで体質が変わり、熱に弱い白血球のがん細胞は自然に消え、新しい白血球に生まれ変わります。38℃に白血球を温め新しく生まれ変わることで白血球は自然に消えます。新しく生まれ変わる白血球に抗がん剤投与は馬鹿げている。新しい白血球に入れ替えれば元気になります。新しく入れ替わる白血球を抗がん剤で改善とか、治すという医学...

July 20, 2017

現在のがん治療は検査、検査・・・。がんを発見したら「がんだ、がんだと大騒ぎ」、心の不安とストレスで病状を悪化させます。「マラリアにかかると高熱でがん細胞は消える」を応用、自分で身体を温め自己治癒力を高めます。がん細胞と血液を胎児のように温め、自己免疫力を高め、がんに勝つことが可能な時代になりました。がん患者は、医者の勧めるお金儲けの抗がん剤、手術、放射線の治療でさんざんいじくられ、免疫力と体温が低下し、苦しい思いをし、気力を失くし死期を早めます。西洋医学は乳がんの治療として、リンパ節を手術で取り除きます。リンパ節を取り除くと、免疫力...

July 20, 2017

胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てる母親の羊水の響きに学び、自己免疫力で病を治す今世紀最大の発明、ゼロ磁場音響免疫療法を開発しました。

日本人の多くは、お医者さんの薬が病を治すと信じています。病は自己治癒力でしか治せません。薬は病を治す手伝いをしているのです。昔の医者は聴診器で肺炎と風邪の違いが分かりました。手で感じる脈診は心臓の鼓動の強弱と血液の流れで生命力を察し、心の手当てで患者に安心感を与えました。西洋医学の救急病院は素晴らしい技術です。しかし日本の医大は人間の心と顔色を診ない検査データで患者を診察...

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Please reload

最新記事
アーカイブ
Please reload