Call us today on 03-5487-0555

​NGO/ゼロ磁場音響免疫療法学会

© 2017 by No-Kouganzai.com

映画・テレビ・音楽の、倍音の激しい響きは、熱に弱いがん細胞が発熱、消滅します。がん患者は、身体へのがん細胞が死滅する響きを嫌うのです。我慢して2~3時間身体に響かせると、がん細胞が発熱 がん臭を発生させ、体温が37.5℃以上に不思議に上昇します。 

​正常な細胞が発する音

がん細胞が発する音

がん細胞を敵にして、がん細胞と元気な細胞を抗がん剤で殺す治療法は古い技術です。身体の持つ免疫力が低下し、死を早めるからです。健康な細胞もがん細胞も身体の大切な細胞です。音楽の響きで細胞を38℃に温め、血液(強磁性鉄イオン)の磁気を高めると、自己免疫力が高まり、熱に弱いがん細胞が発熱、自然に消滅します。脊髄の中のリンパ球、血液、骨髄液を温めると免疫力が高まります。リンパ球を温めることで免疫力を高め、リンパからがんの転移を防ぎがんを消滅させます。

羊水の心臓へのマッサージは、疲れた心臓を助け、ペースメーカーより激しい響きで鼓動を助け、生命力を甦らせます。「心臓の死が人間の死です」。柔らかい血管のような、ストローファイバー網構造体が生む、心臓への羊水のマッサージは、「心臓の鼓動」「血管の脈動」を強化、血液を温め、血流を良くし、磁気作用を高めます。世界で初めて映画・テレビ・音楽を羊水の響きで楽しみ、胎児のように身体を38℃に温め、水分80%の細胞をつくります。細胞は毎日生まれ変わります。熱に弱いがん細胞は自己治癒力で自然に消滅します。

病院で抗がん剤、 手術、放射線と、 さんざん治療でいじられ、 末期がんとなり、見放され、解放され、自宅へ帰されたがん患者の皆さまから、患者の会は多くを学びました。 がんは細胞の病気です。がん細胞もあなたの細胞の一部です。 がんと闘うのではなく、がん細胞をいじめないで、優しく一緒に温め、幸せにする事が大切です。 病院で見放されたがん患者の方が、 がん細胞を温めるゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法を聴きます。初めは好転反応でがん細胞も腫れますが、自己治癒力を高めながら毎日(3〜4時間)聴き続けていくと、がん細胞が変化し縮小していきます。 身体の内側から細胞とがん細胞を一緒に温め、がん細胞が発熱すると、自然に死滅します。(身体を温めると腫瘍マーカーの数値が上がります、その後正常に戻っていきます。)がん患者の皆様の末期がんを克服した喜びの笑顔は美しい。

がんに勝つためには、細胞・血液を38℃に温め、磁気作用を高め、細胞を若返えらせることが大切です。人間の血液(強磁性鉄イオン)は5kg、その中で1/3 は脳で使用しています。血液に含まれる鉄イオンは2700mg、体内には4000mgの鉄分を含みます。血液を舐めると鉄の臭いと味がします。赤い血液こそが「鉄」を主成分とした。赤血球(ヘモグロビン)です。

 

血液も「釘」と同じ様に錆びます。 心臓の鼓動・脈動を高める羊水の響きは、赤血球と毛細血管(赤血球と毛細血管は同じ大きさ)との血流による摩擦熱で血液を温め、血管内皮細胞を活性化させ、毛細血管を若返らせ、血液循環機能を高めます。毛細血管の若返りは、腎臓の排尿機能を高めます。 血液の赤錆び(三価鉄)は、血液をボロボロにします。黒鉄(二価鉄)に変え、血液の磁気を高めます。血液循環機能を甦らせます。身体は心臓の鼓動・脈動による血管と血流による、血液との摩擦熱で身体が発熱、血液の磁気を高める血液磁気発電システムで生命を維持します。血液による磁気フリーエネルギーシステムで生命を維持しています。血液と磁気作用を高めがんに勝つ体質にします。 心臓、血液、細胞を若返らせ、体温を1℃上げると、

 

医学の世界ではノーベル賞を超えた神の領域と言われています。心臓と60兆の細胞の死が人間の死です。お金を持っていても死んだらおしまい。 私は音響免疫療法をおすすめします。

赤血球と毛細血管は同じ大きさです

血液は強磁性鉄イオンを含むため、血液を舐めると鉄の臭いと味がします。『ゼロ磁場の奇跡  音響免疫療法』の心臓への羊水の響きのマッサージは、心臓の鼓動、血管の脈動を高めます。

 

赤血球(強磁性鉄イオン)と毛細血管との摩擦熱で、血液を温め磁気を高めます。鉄イオンが大好きながん細胞は、がん細胞の持つ鉄イオンが、正常細胞の鉄イオンを取り込み、鉄イオンの鎧で囲みます。がん細胞の持つ鉄イオンが、正常な細胞の鉄イオンを引き寄せ奪い、がん細胞は増殖します。がん患者は貧血になり、急激に痩せ、体力と気力を失い生命力を縮めます。

 

『ゼロ磁場の奇跡  音響免疫療法』は、ゼロ磁場の磁気エネルギーで、がん細胞の持つ鉄イオンが発熱、がん患者の体温を38℃に上昇させます。響きにがん細胞の鉄イオンが磁気共鳴、ホットカイロのように温熱感受性のがん細胞の持つ鉄イオンが酸化発熱、熱に弱いがん細胞は自然に消滅します。

 

がん細胞は免疫細胞の攻撃から守るため、細胞内に鉄分を取り込みます。免疫細胞による活性酸素という酸素毒と、鉄イオンの酸化作用の毒素で攻撃、がん細胞は殺されます。鉄イオンが、がん細胞に存在すると、鉄イオンが酸化され、活性酸素が中和し、免疫細胞はがん細胞を殺すことが出来ないのです。『ゼロ磁場の奇跡  音響免疫療法』で、がん患者の体温が37.5℃~38℃に上昇するのは、鉄イオンを持つがん細胞が、ゼロ磁場の磁気に共鳴し、ホットカイロのように発熱するからです。